トップページ >について >について
について
2012-11-11

      は蘇州阊門外路338号にあり、中国の四つの名園の一つです。
  は明代万歴二十一年(紀元1593年)に作られ、太僕寺の少卿の徐秦時の庭園で、その時、「東園」と呼ばれていました。東園は「前はビルで後ろはホールで、客をもてなせるところが多く、非常に立派だ」と言われていました。瑞雲峰が「美しくて江南で有名」で、築山名人の周時臣により築かれた石の塀が、険しくて山水画のようです。現在の中部池、池の西にある築山の下の黄石叠石はその時からの残り物と言われています。
秦時が死んだ後、「東園」は次第に廃園になりました。清時代乾隆五十九年(紀元1794年)に、東園は東山の劉恕に取られ、「東園」のところで改造され、嘉慶三年(紀元1798年)にやっと出来上がりました。園内に白皮松や梧竹が多く植えられ、緑色で涼しく感じさせられる竹が清い池に映り、非常に美しいから、東園は「寒碧山荘」という名に変えられました。俗称では「劉園」と言われていました。劉恕は書道や名画が好きで、自分の書いた文章や古人の有名な書画を園内の壁に刻みました。その後の園の持ち主もこのやり方を受継いだから、園内に「書条石」が多くあるわけです。劉恕は石が好きで、前後して12の名峰の形のものを園内に移し、多くの文章を書き、石を探すことを記述し、石が好きな気持ちを表しました。嘉慶七年(1802年)に、有名な画家の王学浩が「寒碧荘十二峰図」を書きました。
咸豊十年(1860年)に、蘇州阊門外は戦争に遭い、建物や町が取り壊されました。幸いに寒碧荘が完全に残ったのです。同治十二年(紀元1873年)に、園は常州の盛康(旭人)に購入されました。修繕などをなって光緒二年(紀元1876年)に完成。その時、園内では、「高い木が聳え、きれいな花が咲き、奇怪な石が多く、清い渓流が流れ、涼台や亭や、高低起伏があり、本当に素晴らしい」。(兪樾の「記」)。この時の園はもっと立派で、園の持ち主が劉という人なので、俗称で「劉園」と言われていました。盛康は随園の例をまねしてその発音を残し、漢字を変更し、に改名しました。盛康が死んだ後、園はその息子に受継がれました。息子の手入れで、はさらに有名になり、呉中の有名な庭園になり、兪樾はを「呉の名園の冠」とほめました。
30年代以降、は次第に荒れ果てました。1953年に蘇州市人民政府はを修復することを決め、学識に富んだ園林の専門家と技術に優れた古い建築職人を集め、修復してもらいました。半年間の整備を通じ、名園が再度その美しい姿を現しました。90年代に、盛家の祠堂と一部の住宅を修繕し、元の住宅と園が一体となった風貌が完全になりました。
は中国の大型古典の自家園林で、敷地面積が23,300㎡。清代の風格で、建築芸術で有名です。ホールは広くて立派で、庭園は変化に富んでいます。太湖石のなかで冠雲峰が一番で、「城郭を出なくても山林の趣を楽しむことができる」と言われています。
1961年には国務院より全国重点文物保護団体と評定され、1997年12月に、蘇州古典園林の典型的な例としてユネスコより、は拙政園、網師園、環秀山荘と一緒に「世界遺産」に登録されました。2003年4月に国家旅遊局より国家AAAA級観光地と評定されました。







易胜博官网客户端十博客户端下载易胜博官网客户端